定期保険ランキング トップ10

創刊以来、不動のNo.1を誇るオリックス生命「ファインセーブ」。
定期保険の定番との評価は揺るがず。

定期保険 1
1850点

オリックス生命

ファインセーブ

商品の詳しい内容を見る

連続1位にランクイン! 喫煙者の保険料も比較的割安。

保険期間中の解約払戻金をなくすことで保険料ダウンを実現した定期保険。保険期間は、年齢で設定する歳満了(60~90歳まで5歳刻み)と、年数で設定する年満了(10~35年まで5年刻み)がある。保険金額は200万円から10万円単位で設定できる。三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になると、以後の保険料の払込が免除される特則を付けられる。

定期保険 2
1180点

メットライフ生命

スーパー割引定期保険

商品の詳しい内容を見る

喫煙の有無など健康状態によって保険料の割引率が高くなる。

喫煙の有無や体格・血圧などの健康状態によって、4つのクラスに分けて保険料率が設定されているリスク細分型の定期保険。最安値の非喫煙優良体(ファーストクラス)に該当すると割引率は最大になる。保険金額は2000万円、3000万円、4000万円、5000万円の4コース、保険期間は10年と20年の2タイプから選べる(最長80歳まで自動更新)。

定期保険 3
650点

チューリッヒ生命

定期保険プレミアム

商品の詳しい内容を見る

非喫煙や血圧など健康基準に該当すると保険料が割安になる。

非喫煙で血圧が基準値を満たすとリスク細分料率が適用され、保険料が安くなるリスク細分型の定期保険。保険金額は1000万円・2000万円・3000万円の3コースから、保険期間は10年更新と、55~70歳まで5年刻みの歳満了タイプの5コースから選べる。10年更新コースは、最長90歳まで自動更新できる。保険金額は3つのコースの他、1000万円から100万円単位で1億円まで申し込み可能。

定期保険 4位
360点

アクサ生命

保障重視の定期保険 ピュアライフ

20~30代中心に保険料引き下げ。

死亡率の改善トレンドを取り込み、2017年4月より広い世代で保険料を引き下げ。急性心筋梗塞や脳卒中、病気やケガの高度障害、所定の要介護といった就業不能になりやすい状態を保障する「大切な人保障スペシャル」(生活障害保障型逓減定期特約)をセットできる。

定期保険 5位
330点

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

Linkx 無解約返戻金型 定期保険

リスク細分型で保険料を割安に!

解約返戻金をなくし、保険料を割安にした保険。喫煙状況や体格・血圧などが基準に適合すると保険料がさらに安くなる。右表の保険料は保険期間が80歳まで。保険期間は、ニーズに合わせて55~80歳までの範囲(5歳刻み)で選べる(15年以上の保険期間が必要)。

定期保険 6位
290点

東京海上日動あんしん生命

定期保険 (無配当)

1年・1歳刻みで保険期間が選べる。

一定期間の大きな死亡保障を小さな負担で確保できる掛け捨ての定期保険。保険期間は1年・1歳刻みで選べるので、ライフプランに合わせた設計が可能。短い満期で契約しても、最長90歳まで自動更新できる。所定の条件を満たすと、告知なしで他の保険に変換できる。

定期保険 7位
160点

三井住友海上あいおい生命

&LIFE 逓減定期保険 (無配当)

死亡保険金が逓減していく保険。

期間の経過とともに減っていく必要保障額に合わせて死亡保険金が逓減していく。逓減タ イプは9種類から選択できる。喫煙歴の状況や健康状態、自動車などの運転履歴に応じて 保険料が割り引かれる特約や、保険料払込免除特約などを付けられる。

定期保険 8位
150点

オリックス生命

特定疾病保障 保険ウィズ (定期型)

死亡+三大疾病の保障が得られる。

がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病で所定の状態に該当すると特定疾病保険金が支払われる。急性心筋梗塞と脳卒中は手術を受け たときも支払い対象。死亡時にも保険金が受け取れ、重い障害状態になると保険料が払込免除に。保険金額は最高2000万円まで。

定期保険 9位
120点

オリックス生命

ブリッジ

ネット専用で手頃な保険料を実現!

インターネット申込専用にすることで手頃な保険料を実現した定期保険。保険期間は500万円から3000万円まで100万円単位、保険期間は年満了(10・15・20・25・30年)と歳満了(60・65・70・75・80歳)から選べるので、カスタマイズしやすい。

定期保険 9位
120点

ソニー生命

生前給付逓減定期保険 (生活保障型/無配当)

生前保障分野の総合的な保険。

死亡、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になったとき、傷病で所定の障害状態や介護状態になったときに保険金が支払われる。経過年数に応じて保険金額が逓減するため、合理的な保障を準備できる。逓減方法は2タイプから選べる。

プロ100人が選ぶジャンル別保険ランキングトップ10