がん保険ランキング トップ10

パワーアップした朝日生命の「スマイルセブンα」が連続一位。 「がん」と「6大疾病」で一時金の重複給付が受けられるようになりました。

スマイルセブンαの表紙

がん保険 1
1050点

朝日生命

スマイルセブンα

がんに対する保障を強化! 手厚い一時金で備えられる

がんとがん以外の六大疾病(急性心筋梗塞、脳卒中、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患など)で所定の状態になった場合、まとまった一時金(最高500万円)が受け取れる。一時金はがんとがん以外の六大疾病それぞれについて、前回の受け取りから2年経過した日の翌日以降に支払事由に該当すれば回数無制限で何度でも受け取れる。がんは診断確定、六大疾病は治療のための入院開始または手術で支払対象になるなど、発病後早い段階で受け取れる。

がん保険 2
940点

チューリッヒ生命

終身ガン治療保険 プレミアム

商品の詳しい内容を見る

放射線治療・化学療法などの通院治療にも対応。

主契約は、がんの治療を直接の目的として抗がん剤・ホルモン剤・放射線の治療を受けると、月ごとに給付金が受け取れる。さらに支払回数は無制限。現在のがん治療は通院治療が主流で、それに対応できる新しいタイプのがん保険といえる。また、がん診断・入院・手術・通院・先進医療・緩和療養・がん診断後ストレス性疾病による給付金などの特約が豊富で、自分なりに必要な保障を組み合わせることができる。特にがんの緩和ケアやがんによるストレス性疾病を入院や通院にかかわらず特約で手厚くできるのは心強い。

ネオde健康エールの表紙

がん保険 3
600点

ネオファースト生命

ネオde健康エール

商品の詳しい内容を見る

がんを含む八大生活習慣病を保障。

がんを含む八大生活習慣病(がん、心疾患・血管疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、肝疾患、膵疾患、腎疾患)で入院したら一時金が年に1 回を限度に支払われる。入院は給付金三大疾病の場合は日帰りを含む1 日以上の入院、その他の五疾患の場合は5 日以上の継続入院で支払われる。契約時に健康診断結果等を基に、健康年齢を判定。実年齢ではなく、健康年齢で保険料が決定される。以後3年ごとの更新時にも「健康年齢」を判定。健康年齢が若いほど保険料が安くなるという健康増進を後押しする新しい保険だ。

ガードエックスの表紙

がん保険 4位
510点

メットライフ生命

ガードエックス

よりよいがん治療を選択するためのがん保険。

がんの三大治療である、手術・放射線・抗がん剤の治療を受けたときに、一時金として1年に1回100万円が通算5 回まで支払われる。がん診断、入院、通院、特定の女性がん手術、健康支援給付金などの特約で治療の選択肢を広げられる。がんになると以後保険料の払込は免除に。

新がんベストゴールドαの表紙

がん保険 5位
450点

FWD富士生命

新がんベスト・ゴールドα

一時金にこだわった保険、もしもの時の治療の備えに。

2回目以降の一時金は、悪性新生物診断給付金と悪性新生物割増給付金を合計して最高600万円まで設定できる。支払事由に該当する限り2年に1回を限度に回数無制限。初回診断一時金、先進医療、がん治療・女性がんケア・手術ケア・疼痛ケアなどを保障する特約が付けられる。

がん保険 6位
370点

東京海上日動あんしん生命

がん診断保険R

70歳までに払った保険料が全額戻ってくる。

70歳までに診断給付金を受け取らないと、それまで払い込んだ保険料が全額戻ってくる。受け取っても差額が戻ってくる。70歳以降の保障も同じ保険料で一生涯続く。診断給付金は2年に1回を限度に回数無制限。初回診断・入院・三大治療・通院などの特約を付けられる。

がん保険 7位
300点

ネオファースト生命

からだプラス

「健康年齢」が若いほど保険料が安くなることも。

がんを含む七大生活習慣病を保障する。日帰り入院を含む1日以上の入院で、入院一時給付金100万円が受け取れる。3年ごとに更新があり、健康診断書等の提出で実年齢に代えて「健康年齢」に基づき更新後の保険料が決まるので健康年齢が若いと保険料が安くなる。

がん保険 8位
290点

セコム損保

自由診療保険 メディコム

かかった治療費の実額を補償。

がんと診断確定されると診断一時金(3年に1回)を受け取れるうえ、公的健康保険診療でも自由診療でも、かかった治療の実額を補償するがん保険。入院でも通院でも、先進医療を含めて、どのような治療法を受けてもお金の心配をすることなく治療に専念できる。

がん保険 9位
270点

オリックス生命

がん保険ビリーブ

診断確定+入院の場合特に手厚い給付金が。

初めてがんと診断確定したときはがん初回診断一時金(1回のみ)、治療目的で入院するとがん治療給付金がプラスされる(2年に1回)。入院すると治療給付金とは別に日数分の入院給付金が受け取れる。ほかに手術、退院の保障あり。通院と先進医療の特約付加が可能。

がん保険 10位
170点

アフラック

新 生きるためのがん保険Days

入院・通院・三大治療に備えられ治療に専念できる。

初めてがんと診断確定されると診断給付金が受け取れ、治療目的で入院すると入院給付金が受け取れる。三大治療(手術・放射線・抗がん剤)のための通院には通院給付金の他に、それぞれの治療費も受け取れる。診断給付金を複数回支払い、先進医療の特約を付けられる。

プロ100人が選ぶジャンル別保険ランキングトップ10